カテゴリ:事務連絡( 4 )

2007年 06月 26日
新ユニフォーム
新ユニフォーム、お披露目。 左:FP・前面、右:GK・背面
●冷静さ、堅実さの 『紺』  (→ブルーにマイナーチェンジ)
●活動的な色の 『オレンジ』
の、従来あったチームカラーをベースに制作。これに柔和さ、フェアをあらわす『白』のパンツとあわせ、シンプルなデザインですが、アルの個性を押し出した、メンバー全員お気に入りのユニです。
いまなら、アルのスポンサーにエントリーする企業様は、胸にロゴを掲載できます。ナンテネ。
                 (special thanks to K.Shimizu)
f0038371_1085924.jpg


そして、早速着て練習しちゃいました。
f0038371_1092712.jpg


写真の映りが悪いなぁ。。撮り直し。
[PR]

by fcartista | 2007-06-26 21:29 | 事務連絡 | Comments(0)
2007年 05月 18日
ユニフォーム デザインイメージ
ユニフォームのデザインイメージです。みんな、たのしみ。
f0038371_240171.jpg

[PR]

by fcartista | 2007-05-18 00:01 | 事務連絡 | Comments(0)
2007年 04月 01日
練習指針フィードバック(4月7日時点)
●1-3月/4-6月獲得目標
f0038371_1122061.jpg


●スキル管理表(4/7時点)
※練習メニュー内容がきちんと伝わっているかどうかの指標で、決して上手下手の指標ではありません。印がついていてもいなくても気にすることはないですが、出席率は上げていきましょう。
f0038371_732212.jpg

[PR]

by fcartista | 2007-04-01 11:15 | 事務連絡 | Comments(0)
2006年 11月 05日
06年運営振り返りMTG議事録(11/3)
11/3練習終了後、打ち合わせ実施しました。
下記はその確認事項を、議事録として記載します。

***
出席者:森元、馬場、前田、石川、清水

1.運営全体振り返り
●メンバー出欠状況
①昨年よりも改善されてはおり、メンバーの意識、モチベーションも改善。平均50%以上の出席率は確保。ただし最低ライン(4名;30%)が何度かあり、モチベーションに見合った充実した練習が組めないときがある
②06年加入メンバーはすべて一部メンバーからの紹介。ネット公募はない。一方、脱退(休業)メンバーも、プライベートの事情ではあるが発生。
③現在のメンバーのライフステージが変化していることもあり、現在以上の出席率は望めなく、また、07年以降も脱退・休業メンバーが増えることを想定
<確認事項>
・既存メンバーへの出欠意識付けは強化継続
・最重要課題は、新規メンバーを迎え入れるための取組み


●清水君業務
チームロゴ、ユニフォーム...自分が立案した業務をやりきれていない。その理由は
ア)活動方針自体がアイデアの羅列にとどまっていた
イ)「決めきる」強い意志をもってやりきれなかった
ウ)優先順位が高いものと感じなかったし、メンバーからもそれを感じた
すすめかたのまずさについては本人は十分認識していた。ただ、必要性の優先順位については、本人、メンバーにおちていなかったのも事実。
次年度以降、新規メンバーを受け入れる体制をつくるにあたり、チームのアイデンティティ確立が必要。それは既存メンバーに「いる」「いらない」を聞くのではなく、次年度運営チームが主体になって意思を決め、どういったツールが必要なのか、どれだけ費用がかかるかを組み立てる。
<確認事項>
・現在の積み残し業務は早期にクロージング
・「チームロゴ作成」「新ユニフォーム」「HP改定」は、次年度の体制が主体となって、07年の活動を踏まえ、ゼロベースから必要性再検討


●新運営体制
①過去通じて、「年長者のスキル」で運営がなんとかなってきた部分が多い。
②今年度の運営は進捗管理徹底により「出欠の改善、メンバーのモチベーション向上はできた」と評価していただいた。
③今年度運営メンバー(清水・平田)の「PDCAに基づく運営業務確立」は、代表から進捗管理不充分だったことにより、習熟度にバラツキある。
④今後新たなメンバーを受け入れるにあたり、最年長者が運営を継続するのは、 開きつつある世代間ギャップによる認識のズレをもたらす可能性ある。
<確認事項>
・「PDCAに基づく運営」の考え方は、次年度も継続強化
・清水君の現業務は来年3月まで継続
・平田君の業務も「振り返り」を議論し、次年度強化してゆくための課題をみつけてゆく
・次年度の活動方針、運営基盤の考え方は、上記の課題を踏まえ、次回の打ち合わせより前田君・石川君が主体となって決めてゆく

(納会で、06活動振り返り、07新年度の体制および活動方針を発表)

以上を、参加メンバー全員で合意したため、代表もこの内容を承認いたしました。

2.その他
・HPを通じた公募は月1~2件程度。加入志望者はメールで問い合わせされるが、その表現のしかたは千差万別。まずはメール受付段階で先入観を持たず、まず、一度来ていただくようにする。ただ、相手の人となりが理解しづらい現状もあるため、年齢、フットサル(サッカー)歴などがメールでの問い合わせ段階でわかるように、HP上にてメールフォームの開発も必要か。
・HPは1日あたり平均10アクセス。そのうち身内(既存メンバー)が約半分。 残りは外部からのアクセス。
・清水君が来年4月より就職、土日勤務のため、ほとんど練習に参加できないことが想定。

●次回打ち合わせ
11/11 練習後 <練習参加メンバー全員参加>
内容:活動方針(前田君・石川君がタタキを作成し、それに基づき議論)。この打ち合わせより、進行主体を前田君、石川君の両名に移管します。

以上
[PR]

by fcartista | 2006-11-05 06:23 | 事務連絡 | Comments(0)