人気ブログランキング |
2006年 04月 29日
スーパー携帯電話
風邪引きシミズです

先日携帯電話の機種変更をしました。
CASIOから出ているGーshockの様なごつい物で、水没しても落としても罵倒されても壊れないという優れものです。このシリーズは出るたびに買っていたのですが、今回のはすごいです。ストップウォッチ、タイマー、電子コンパスなど 冒険野郎マクガイバー(※注)よろしくの機能が使えます。

f0038371_12305261.jpgそして、今回から巷で話題のQRコードを読み取れるようになりました。
文字やURLやメールアドレスなどを記録できる大変モダンなバーコードなのですが私もひとつ作ってみました。
このブログのURLやArristaのメールアドレス等入っているのでウチのメンバーも携帯に送る等して是非ご活用ください。

# by fcartista | 2006-04-29 12:46 | チームイベント | Comments(0)
2006年 04月 17日
4/15 旭スポセン 練習内容
○参加者:馬場、清水、石川、黒住(怪我のため球出し)、前田、北村、青山(最後の会議のみ)、平田(記)

○練習内容

9時前に集合し、アップを15分行った後、

①パス、②ドリブル、③シュート、④もらう前の動き、⑤もらった後の動きの中から、いくつかを複合的に組み合わせた練習を小一時間、ゴール半分を使って3on3を小一時間、

以上の練習を行いました。

どの練習も、途中でプレーを止めて練習の意図や動き方の確認をしつつ、短時間でしたが運動量も多く、充実した内容でした。

# by fcartista | 2006-04-17 00:15 | 活動履歴 | Comments(0)
2006年 04月 16日
スフィアリーグ
この週末、深夜の民放地上波でフットサル番組をしたので、録画予約して次の日みたら、「スフィアリーグ」関係の新番組でした。

スフィアリーグ、つまり芸能女子フットサル。第一回目はもちろん「モー娘。」でした。
モー娘。からは吉澤ひとみ、紺野あさ美がインタビューで出演しており、ご存知「ハロプロ」に所属するタレントで構成する「ガッタス」が中心の内容でした。
対するライバルチーム「カレッツァ」は、元イエローキャブ野田社長が監督として率いているチーム。どうやらこの2チームが覇権争いをしているらしい。

...というのは、なんとなくフットサル雑誌をみてもすでにわかっている内容で、実はそのプレーを観てみたかった、という気持ちは常々ありました。(でも、モー娘。見るために駒沢とか足を運ぶのもどうかと思ったし、あの観客のなかにはとても居れない、とも思い)

3年前に彼女らがサルをはじめたときに見た感想は、とてもじゃないがイケてなかった。でも3年経ったらどうなってるんだろう、なんでシロウトのサルでこんなに盛り上がれるんだ(ジャニーズじゃあるまいし)と思いながら観てみた。

うまくなってる...。

カタチになってる、パスアンドゴーやってる、豪快なシュート決めたりしてる、ボールがぶつかるのを怖がってない、削る削る、カードも出てる...。へぇ、面白い。オンナは底がみえん。

番組のなかでのインタビューでは、彼女らは3年間、週2回練習してきているのだそう。しかも監督は北澤豪。そりゃうまくなるわな。われわれもオチオチしとれん。
でもよく考えたら、彼女らにとってはこれも仕事。ちゃんとスポンサーがついて、CSだが試合中継もあり放映収入もある。芸能界というメインの仕事もあり、かたやフットサルもして、それで堂々とお金をもらえる。われわれにとってはいたってうらやましい。モー娘。に生まれてくりゃよかった。まあしかし、理屈抜きで面白かった。今度機会あったら、ちゃんと観てみよう。

しかし、これを観たカミサンが「週2で練習?仕事なくなってきてるんじゃないの?」とバッサリ。オンナは底がみえん。

# by fcartista | 2006-04-16 00:15 | チームイベント | Comments(2)
2006年 04月 02日
韓の台所
宴会部長のBです。

昨日「韓の台所」渋谷道玄坂店に行ってきました。

「韓の台所」とは昨年末の忘年会でお邪魔した川崎の焼肉屋さんのことですが、

「韓の台所」の渋谷店でだけ少量限定で鹿児島の黒毛和牛の

ハラミを出している」という極秘情報をキャッチしまして、

昨日早速食べてまいりました。サイコーに美味いです。(表現のしようが無いです)

「韓の台所」は3月31日に新橋店もオープンしています。(東電のすぐ裏)

皆さんぜひご利用下さい。


f0038371_22173680.jpg

# by fcartista | 2006-04-02 19:34 | チームイベント | Comments(2)
2006年 04月 02日
食えないものはない
昨日潮干狩りに行ってきました。金沢八景の「海の公園」にて。

で、まあいっぱい貝を採ってきたのですが、私たち家族は、子供の頃に行ったかすかな記憶をたどりながら、アサリだと思って採ってきた貝は、実はアサリじゃなかったということで、バケツ一杯の貝をどうしようかと悩んでいました。

どうやらこの貝は「シオフキ」という名前で、バカガイの一種。
で、バカガイという貝は、シオフキ含めて食用ではない、というわけではなく、食べようと思えば、手間かければしっかり食べられます。私も勉強しつつわかったのですが、バカガイ種は「砂抜き」が非常にメンドクサイ。アサリは暗いところで真水に一昼夜つけておけば、勝手に砂を吐いてくれるのですが、バカガイはそうはいかない。
で、メンドクサイ方法で砂抜きをしました。
①貝が開きかけるぐらいにゆでる②身をとりだす③冷水でかきまぜる④何回かくりかえす

食べたのは「ゆでたてを生姜醤油」「佃煮」。味に深みはあまりなかったですが、まあ新鮮なものは、うまい。

半ば負け惜しみですが、超久しぶりの潮干狩りを2倍楽しみました。今日はいよいよ(わずかに採れた)アサリの調理。次回へのリベンジを図りつつ、アサリをどう料理してやろうか考えます。

# by fcartista | 2006-04-02 09:46 | チームイベント | Comments(0)
2006年 03月 31日
3-4月活動予定
<練 習>
1.日 時 :3月5日(日) 15:00~18:00
  場 所 :旭スポーツセンター
2.日 時 :3月18日(土) 12:00~15:00
  場 所 :青葉スポーツセンター  ※:FANTAさんと練習試合
3.日 時 :4月15日(土) 9:00~11:00
  場 所 :旭スポーツセンター

<大 会>
3.日 時 :3月25日(土) 12:30集合
  場 所 :フットサルクラブ横浜

★ビジターの皆様
試しに参加してみたいという方は、募集概要をご覧の上、
募集専用掲示板へ直接書き込むか、メールにてご連絡下さい。

# by fcartista | 2006-03-31 21:18 | スケジュール | Comments(0)
2006年 03月 29日
3/25(土)大会報告
≪大会参加報告≫

●大会名
ペプシカップ ビギナーB
●日時・場所
3月25日(土)13:20~17:30
フットサルクラブ横浜にて
●参加者
森元、馬場、石川、北村、森田、青山、前田 計7名
●試合形式
12分1本 全12チームが参加

まず、3チームごとに4つのブロックに分かれて総当たりの予選リーグを実施。その後各リーグの順位同士が総当たりの順位決定リーグを実施。合計5試合。

●結果
予選リーグ
2勝0敗(1-0.1-0)で1位リーグへ
順位決定リーグ
0勝3敗(2-3,0-2,1-3)で4位

得点・対戦相手は下記URLを参照。
http://www1.tmtv.ne.jp/~futsal/pepsi0603p12.htm

●約束事
今回は代表より、下記の担当を決め、「どうしたいか」「どうしてほしいか」
を積極的に話合うよう指示がありました。

・攻撃の組み立て 石川
・守備の組み立て 前田

また、全体としては、「エイト」「旋回」といったパスアンドゴーからスペース
をつくる動きをやろうというシンプルな約束ごとでスタートしました。


●良かった点
1.事前のウォームアップが効果的
年明けから導入しているストレッチ+αのアップを今回も実施。
各参加者から好評で、試合前に体を温めることができたし、結果的に全体を通じて怪我なく終わった。特に大会の初戦にありがちな「体があったまってなかったから。。。」という内容以前の問題は解消され、初戦から試合に集中できたのは大きく、予選リーグをなんとか1位通過できた一因でもあると思う。


●今後の課題

(a)約束事ができなかった。(やらなかった)
※これが一番よくないことだったと反省してます。

今回はエイトからの組み立てだったが、まずチームで決めたことはきっちりやっていかないとだめだというのと、上手くできなかったら、なぜできなかったか、その理由をメンバー間で共有して修正していくのは必要。

  
(b)厳しいプレスに慣れていないため、ストレス耐性が弱い。
この結果、あたりのゆるいチームには勝てても、積極的に前プレを仕掛けてくるチームには、後ろで決定的なミスをして失点するというパターンが散見された。通常練習からプレッシャーを受けながらキープする練習などをする必要。

(c)ルックアップができていない。
これがとても多い。事前にルックアップがしっかりできていれば、上記(b)のようなプレッシャーがあっても次の動作に早く移れる。パスコースがあるのに、見てないから出せなくて、結局無理なパスや持ち過ぎの状態から奪われてのカウンター等ルックアップができないと試合にならないことを再認識。ディフェンス面でも切り替え時の首振り確認などが十分でなく、再三マークがずれていた。

(d)認識のすり合わせ
大会の後半、メンバー間で「こういうときどうすればいいか」など話しをしながら修正していこうとした。「どうしたい」「どうしてほしい」は誰もがなにかしら感じているはずで、その部分の認識をすり合わせることが大事だと感じた。まずは思ったことを積極的に言うのと、相手がどういう意図で言っているかをしっかり聞くことを心がけたい。


●後記
以上まとめてみました。
抜け漏れ等、厳しいご指摘いただけたら幸いです。

大会のレベルは決して高くありませんでした。
相手が強くて負けたというより、ミスが重なって負けたという形で、内容を修正し、またチャレンジしたいですね。

今回、上述の課題とは別に、個人的にはとても反省の多い大会でした。必ず今後に生かします。

せっかく重要な守備の役目を指示されたにも関わらず、思うように機能させることができず申し訳ないです。

代わりに青山君が積極的に課題を集約してくれて助かりました。

これまで練習や試合で自分がなにかを感じても、それが正しいのか自信が持てず、まわりに思うように発信することができていなかったと思います。
    
今回の大会で、個々の「ああしたい」「こうしたい」がばらばらだと、うまく機能しないものだと痛感しました。今後はもっと積極性を持って活動に取り組みたいと思います。

久しぶりの大会だったけど、やっぱり大会の緊張感はいいですね。
今回残念ながら不参加の方も是非次回は一緒に出ましょう。


以上                                文責 前田 

# by fcartista | 2006-03-29 01:50 | 大会報告 | Comments(1)
2006年 03月 24日
なぜ川崎は...?
 近頃、鷺沼にフロンタウンさぎぬまがオープンする。
 しかし今まで横浜区営の体育館でサルをやっていたわれわれインドアサラーにとって、ちょっと高いかなー、って気がする。これでも民間では安いほうなんだけどね。川崎市のふれあいネットでも予約しくみはあるのだが、そこで予約をしようとすると、フットサルに使えるのは「とどろきアリーナ」しかない。
 うー、ボールを蹴るのも、ひと苦労。ボールを蹴るのも、財布と相談。

 最近はおかげさまで草サラーが増え、横浜区営の体育館がなかなか予約とれない。(たぶんもっと被害被っているのは、バドミントンとかバレーとかいままで地道にやってきた団体なんだろうけど。)それでも横浜や東京に出向き、サルをする。
 引っ越して二子玉川で個人サル頑張ってみよっかと思ったら、3月閉鎖の案内。それでもなんとか8月まで続けてくれるので、束の間の安心。しかしまあ、川崎は横浜に比べて、気軽にボール蹴る環境を確保するのは難しい。
 ウチの近くにあるスポセンは、どうやらサルは駄目らしい。おまけに子連れでジムにはいろうとしたら断られました。それはそれで当然として、川崎のスポセン体育館がサル予約できたら、非常にいいねぇ。でもそんなの現実味あるんだろうか?

 横浜が素晴らしいのか、川崎がイケてないのか?

 ...ま、そんな穿った見方してもしょうがないよね。川崎住むには結構いいとこだし。

# by fcartista | 2006-03-24 01:01 | チームイベント | Comments(0)
2006年 03月 19日
3/18(土)青葉スポセン 練習報告
●参加者 計9名
●内容
・ウォームアップ(ジョグ~ストレッチ)、シュート練習30分
・ゲーム形式(7分ゲーム)終了まで
●所感
区営スポセンを使って3時間も活動に充てられるのは、今回が最後。
誰にも言ったことはなかったが、今年始まってから、実はこんなことを考えながら練習メニュー編成をすすめていた。

「①入念なウォームアップ」
フィジカルコンディションが不十分なままほかの練習に取り組んでも、練習メニューで満足に体を動かせない限り、ほんとうの課題はみえない。それに、去年までアップ不足で怪我したメンバーも多い。
だから、たとえボールに触る時間が少なくても、これだけは確実にこなしたい。たとえボールを触る時間が30分ぐらいしかなくなっても、その30分に意義あればそれでいい。(...というのは大げさだが。しかし区営スポセンが2時間になったときはメニュー再検討)

「②約束事の徹底」
「約束事」とはその日与えられたチーム課題。
前回参加メンバーには「旋回をゲーム中に思い出してほしい」と伝えた。で、できなかった。
できなかったのはそりゃ当然で、課題を与えた側のおれも、「そんな簡単にできるものではない」と思っていた。
でもできなかったときに「どうしてできなかったのか」を突き詰める材料になってほしい、と思っていただけ。
後半の時間帯、メンバーからの発案で、「パスアンドゴー(しかもゴーは長い距離を引っ張る)」「ディフェンスは周囲をみつつ、当たりをきつく」を課題として伝えた。
で、結局自分たちが立てた課題は、練習が終わる頃には頭の中には残っていなかった。課題に対してどうしたいか、ゲームの合間でメンバー間での会話を期待していたが、それもあまり...。
目標がぐらついてばかりだと、1年経ったときには、自分たちが上手くなったのかどうか、よくわからない。ただ「なんとなくフットサルをしていた」だけ。
そういった意味で、練習後に「40点」という採点をした。個人的には「勝った負けた」「点を取られた取った」はどうでもよかった。
ただ、「空いたスペースを見つけて走る」「シュートの場面では誰かがファーで待っている」のは、徐々にではあるができるようになった。

③「自分が足りないものは何?」
では、どうやったら上手くなる?
与えられた練習・与えられた約束事に対し、必ず個人の欠点が浮き彫りになってくる。当面はそれを補う姿勢で臨んでほしい。
こちらもその課題を各人で気づいてもらうための練習メニューの編成をしています。おれのコーチングもそれに特化しています。
また、フットサルは必ず4人での連携を必要とする。練習中に落とし込まれたことをするだけでは駄目。隣のメンバーと是非どうしたいか話してほしい。どうしてほしいのか耳を傾けてほしい。

今後は新担当がチームの課題や個人の課題をもうすこしシビアにみて、練習メニューや全体の計画をいろいろ考えることになるでしょうね。なのでみんなも「今まで通り」だとこれ以上うまくならないので、練習メニューにおいてでてきた個人課題に対し、どう絞り込んで取り組むか、次回参加時には考えながらプレーしてくださいね。

あ、忘れてました。
3/18は...とりあえず、いろいろ点とって、点とられました。練習試合の得点や失点にはあまり興味ないので、当日の報告はこれくらいで。

# by fcartista | 2006-03-19 18:17 | 活動履歴 | Comments(0)
2006年 03月 17日
タイのDVD(続報)
以前バンコクでDVDを買った話は皆にしたと思いますが、その後・・・

何と一度見たら次から一切写らなくなってしまった!!!

やはり日本で正規物を買いましょう。

# by fcartista | 2006-03-17 09:41 | チームイベント | Comments(1)